21世紀クラシックビーフン誕生

  2008年新工場の完成とともにクラシックビーフンシリーズを生産されました。台湾の東北部に位置する宜蘭に建設された工場所在地は台湾雪山に端を発する清流や汚染されていない自然に湧き出る天然炭酸水に囲まれる緑豊かな温泉の里。伝統製法を守り、地元で栽培された米で生産したビーフンは時代のニーズに合った新しい米食文化として、これからも多くの人々に愛される食品であり続けたい。クラシックビーフンは市場で高い評価を受け、米食業界の向上を牽引したと同時に2008年に国際食品安全規範認証HACCPとISO22000の認証取得しました。
さらに2009年に開発生産した「タイガー温泉ビーフン」は宜蘭温泉蓬莱米を用いて独特の香りとソフトな舌触りが特色です。