1960年代に青年期の林明通氏は醤油の営業マンとして台湾各地を営業行脚しました。当時、台北市大稻埕迪化街周辺は有名なの問屋街、林氏は多くの地元顧客と深い信頼関係を築き上げていました。その後、林氏がタイガーブランドビーフンを設立し、問屋から小売店、飲食店へと販路開拓に取り組み。堅実な販売や信頼されるサービスで好評を受け、顧客ロイヤリティの向上に繋がりました。現在タイガーブランド商品は台湾の米食業界においてなくてはならない存在となりました。